今回は、リップルについて詳しく解説します。
現在、ビットコインは仮想通貨の中では時価総額が1位ですが、リップルは時価総額が3位です。

リップルとビットコインの違いは主に以下の2つです。
・リップルは中央集権型
・海外送金システムが優れている

ビットコインは「ブロックチェーン」と呼ばれて、管理者が存在しないようなシステムになっています。
一方で、リップルでは「中央集権型」で、Ripple lncという会社が運営しています。
これが、ビットコインとリップルの最も大きな違いの一つでしょう。

もう一つの大きな違いは、「海外送金」です。
リップルはビットコインに比べて海外送金のスピードが段違いで早く、手数料も僅かです。

では、これまでリップルはどんな形のチャートだったのでしょうか?
2017年あたりでは、リップルの価格はかなり高騰しました。
ですが、2021年現在、リップルの価格は停滞気味です。
ビットコインも一時下がったりするくらいですから、リップルも今後上がる可能性もあります。
価格が安い間に買えば、高騰した際の利益は大きくなりますよね。

ビットコインにはない大きなメリットの一つとして、ここが挙げられると思います。
「上げ幅が大きい」という事です。
海外送金システムが充実しており、中央集権型のリップルは、独自性があり、今後伸びる可能性は十分にあります。

特に「銀行」が採用することが多いです。
それは、海外送金システムが優れており、ブロックチェーンを使用していないため安心感があるのです。
まだまだ参入していない銀行は多く、これから次々と参入して来ることが予想されます。

そして、リップルが伸びた時には、ビットコインが今から伸びる伸び幅以上の、大きな伸びを見せる可能性が高いです。

最後に、リップルを売買する上でのコツを書いていきたいと思います。
リップルは、必ずしもすぐに伸びるとは限りません。
むしろ、最近はビットコインの方が波に乗ってきています。
ですから、リップルを購入する際は「長期的な視点」で購入することをおすすめします。
今ならまだ安く買えるため、チャンスでもあるのです。
ただ、もちろん未来がどうなるかは誰にも分かりません。
最終的には自分の頭で考え、決めるしかありません。
その考える材料として、この記事が参考になったのなら嬉しいです。

いかがでしたでしょうか?今回は、リップルについて解説しました。
リップルは今後伸びる可能性がある仮想通貨です。
ビットコインだけではなく、リップルや他の通貨のことも知っておくと良いと思います。